zyxyz

Strategy and Process 開発のポイント

ブランド名の役割

ブランドの核であり、ブランド構築の重要な出発点

1つのブランドを構築するためには実に様々な要素が必要とされますが、中でも「名前」は、ブランドの核として独自のアイデンティティを表明する重要な役割を担っています。
そのブランド名が広く顧客や市場に知れ渡り、そこから独自のブランドイメージが想起されるようになれば、名前は強力なコミュニケーションツールとして大きな力を発揮していくことになります。
strategy_image1
また、ブランド名はブランド構築における出発点として、今後進むべき方向性を示唆するベクトルの役割を果たします。
コンセプトが的確に表現され、かつその後のデザインやコミュニケーション展開を踏まえて開発された名前は、一貫したブランドアイデンティティの構築を可能とし、ブランドの成長・育成を牽引し得るものとなります。
strategy_image2

ブランド名の機能

ブランド名が、ブランド構築における核としての役割を果たしていくためには、大別して以下の3つの機能が必要となります。ジザイズでは、常にこれらの機能を考慮しながらブランド名開発を進めています。

■他者との識別機能

識別性はいかなる名前にも必要とされる基本要素です。他の類似商品との違いを認識できない名前では、差別化を図ることが難しく、消費者が混同する可能性もあります。
こうしたリスクを回避するためにも、個々のブランド名は商標法によって法的に管理されています。

■コンセプトの伝達機能

独自のコンセプトが反映されたブランド名には、人々の心を掴む力があります。また、名前を通じてその特性や魅力を発信することができれば、ブランド名は端的かつ有力なコミュニケーションツールとなります。

■イメージ訴求機能

商品のコンセプトやターゲットによっては、ブランド名に特定のイメージや雰囲気を反映させ、「イメージで売る」ケースもあります。この場合、言葉が持つ音感等を活かして「高級感」「躍動感」「親近感」といったイメージを訴求していきます。

中でも「コンセプトの伝達機能」は、ブランド名開発を行う上で特に重要な項目と言えます。
ただし、対象物の特性や市場環境によって重視すべきポイントが異なってくるため、その都度、プライオリティを考慮することが求められます。

ブランドコンセプトの表現

ブランド名開発の際、対象となるものの訴求ポイントを明確にしていく上で必要なのは、多角的な視野です。
例えば、「円錐」は、上から見れば円形、横から見れば三角形となります。同様に、ブランド名開発においても、対象のどこに焦点を当て、どの角度から捉えるかによって、完成する名前は大きく変わってきます。
着目すべき言葉を見つけたら、それらを他の言語へ置き換えたり、必要に応じて造語を試みたりしながらブランド名を創出していきます。ジザイズでは、独自の単語データベースや、長年培われてきた造語テクニックを駆使して、多彩なネーミング案をご提供しています。
こうしたプロセスにおいては、考案したネーミング案が、コンセプトを充分に表現できているか、顧客に対してコンセプトが明確に伝わるかどうかを常に検証することも欠かせません。

言葉の発見と発明

言葉の発見(自然語)

対象物のコンセプトを的確に表す言葉を導き出すためには、日本語や英語に限らず、幅広い言語がその鉱脈となる。
各言語が持つ特性を理解し、それらを活かすことができれば、求めるイメージに近いブランド名の創出が可能となる。

言葉の発明(造語)

これまでにない言葉を造り出すことによって、個性を存分に発揮でき、独自のアイデンティティを明確にできる。
また、自然語に比べて商標権を取得しやすいというメリットもある。
さらに、論理的に組み立てられた造語には、二重三重の意味も持たせやすい。