ブランドネーム開発実績

ioi

あいおい損保 IOI

大東京火災、千代田火災 / 合併による新社名

一つの根から二本の幹が相接して生え出すことを表わす「相生」と、共に長命に生きることを表わす「相老」双方の意味を込めて「あいおい」とし、お客さまの長寿を願いながら共に成長していこうとする姿勢を表現した。さらに、アルファベット表記を「IOI」とすることで、「人(I)と人(I)との絆(O)」すなわち、お客さまと一対一で向き合う姿勢を表現した。

cordial3

日興コーディアル証券 CORDIAL

旧 日興證券 / 社名変更

「cordial」とは英語で「誠心誠意」の意味。さらに「cord(絆)」+「dial( dialogue:対話)」という解釈を加え、「対話」と「絆」をモットーに、誠意ある対応で顧客との関係を築いていく姿勢を表現。
ロゴデザインは、cordialの頭文字であり、「共に」を意味する“co”を赤い球形にのせて動的にみせることで、誠実さをコアに行動していく企業姿勢を表した。

beautiens

ビューティエンス Beautiens

ヤクルト本社 / 化粧品事業ブランド名

「beauty(美しさ)+ ens(本質)」の造語により、ヤクルトの強みであるバイオサイエンス(science)をベースに、一人ひとりがもつ肌本来の美しさ(素肌美)を実現していくというコンセプトを表現した。

トゥエルビ logo

トゥエルビ Twellv

三井物産 / BS放送局名

BS12チャンネルの「12(twelve)」をキーワードに「TwellV」という表記に置き換えた。これにより「TV」の間に「well(満足のいく、申し分の無い、健全な)」が挟み込まれた文字構成となり、良質で健全、プレミアム感のあるTV放送であることを表現した。さらに「じゆうに見よう」というキャッチフレーズによって、「12チャンネルを見よう」「自由に見よう」という二重の意味を持たせた。
ロゴデザインにおいては、チャンネル番号の「12」から始まる時計上の円弧により、24時間完全無料放送であることを表現した。

プロネクサス logo

プロネクサス PRONEXUS

旧 亜細亜証券印刷 / 社名変更

「PRO(プロフェッショナルな)」 と「NEXUS(結びつき、つながり)」 の造語により、プロとして顧客企業を支え、強固な信頼関係を築いていく、という企業の姿勢を表現した。
ロゴデザインは、上下のラインによって、先進性と信頼の絆を表した。

エクシオ logo

エクシオ EXIO

旧 協和電設 / 社名変更

「殻を破る」という企業理念をラテン語で表現したネーミング。

シグマクシス logo

シグマクシス SIGMAXYZ

三菱商事、RHJインターナショナルジャパン / ビジネス・コンサルティング会社名

総和を表す「Σ:sigma」と未知数「X,Y,Z」の造語。未知数の力の集結により、究極の価値を生み出すという企業姿勢を表現した。さらに、スローガンを「Xpartner for Your Z」とし、パートナーとのクロス(X)の関係を強調した。
ロゴデザインにおいては、信頼・安心をイメージさせる太字のゴシック文字をベースとし、人の温かさを感じるオレンジで「X」にポイントを置き、未知数の力がクロスされていくことを表現した。

アサンテ logo

アサンテ ASANTE

旧 三洋消毒 / 社名変更

「A(第一位、優秀)+ SANTE(〔仏〕健康、保険、衛生)」の造語により「第一級の衛生技術をもつ」ことを表現。さらにスワヒリ語で「ありがとう」の意味でもある。

プレナス logo

プレナス Plenus

旧 タイヨー / 社名変更

ラテン語で「充分な、充たされた、満足な、豊富な、全部そろった、完全な」を意味する単語「plenus」によって、豊かで満足のいく暮らしの実現を目指す企業であることを表現。

メディセオ logo

メディセオ MEDICEO

旧 クラヤ三星堂、アトル、エバルス / 持株会社名・グループ名

ラテン語の「medico(医薬を用いる)」「Dice(正義の女神)」「eo(動く、進む)」からの造語。また、「medi(中心の、中央の)」+「CEO」によって、医薬・医療の流通の中核を担い未来に向かって躍進し続けるグループの姿勢を表現した。