ブランドネーム開発実績

ヨリモ logo

ヨリモ yorimo

読売新聞 / ネット会員制サービス名

YOmiuri ORIginate MOvement(読売新聞が新しい時代の潮流をつくり出す)” というスローガンの頭文字をつなげ、同時に「どこヨリモ、何ヨリモ、楽しいサービスを提供していく」という企業の意気込みを表現した。
ロゴデザインにおいては、親しみやすさ、読みやすさ、優しさ等にポイントを置きつつ、”Y”以外の文字に直線要素を入れることでシャープさを加えた。

xselect

エクセレクト XSELECT

サンゲツ / 総合壁装材見本帳名

「X(未知数)+excel(高級な)+select(選ぶ)」の造語により、「限りない可能性をもつ商品群の中から、さらに選び抜いた高級かつ高品質なプレミアム壁装材の見本帳」であることを表現した。

テトラクティス logo

テトラクティス TETRACTIS

TIS / 経営ビジョン名

「4つの戦略ドメイン」に集約される経営ビジョンを「TETRA(4つ)+ACTIS(ラテン:実行)」で造語。また、誕生と成長を表すピタゴラスの定理「TETRACTYS」にもかけ、最後の3文字を企業名である“TIS”に置き換えた。

シックスワンダフリー logo

シックスワンダフリー

ワーナー・マイカル / ポイントサービス名

6回(six)の映画鑑賞で、1回(one)無料(free)になる、素晴らしい(wonderful)なサービスを、「one+wonderful+free=ワンダフリー」との造語で表現した。

resobio

リソビオ RESOBIO

大塚美容形成外科・歯科 / ダイエット補助食品名

ダイエットに関する悩みを解決(resolve)する、大塚美容オリジナル(Otsuka Biyo Original)の食品であることを表現。
日本語の「理想(reso)の美を(bio)」にもかけている。

ウイルスクリア logo

ウイルスクリア VIRUS CLEAR

NTT東日本 / セキュリティ対策サービス名

ウイルス(virus)を中心としたPC上のあらゆる脅威を完全に取り除き(clear)、最先端のセキュリティを提供していくというベネフィットをストレートに表現。

privango

プリバンゴ privago

NTT / 条件付きメールサービス

プライベート(private:私の、仲間だけの)の、暗号(ango)であり、番号(vango)であることを表現。
また、prime(最良の)+ van(先駆)+ go(進む)の造語でもある。
デザインにおいては、信頼感や安心感をイメージさせる深いブルーを使用し、「“privango”でプライバシーを保護する」というサービスの特性を横長のラインで表現している。

アドーガ logo

アドーガ ADOGA

NTT東日本 / 動画広告配信サービス名

addition(追加)等の略語である「ad」と「doga(動画)」を重ね合わせた造語により、本編動画コンテンツの再生待ち時間にPR映像等のミニコンテンツを付加・結合して配信することを表現した。

モビッツモ logo

モビッツモ MOVIT'S MO

NTTデータ三洋システム / 動画配信サービス名

動画を表す「movie」と日本語の「いつも(itsumo)」の造語により、スムーズかつ手軽な動画配信サービスの多様性・可能性の広がりを表現した。

ピーカブー logo

ピーカブー Peekaboo

日興コーディアル証券、ローソン / 個人向け証券総合サービス名

本来の「peek a boo(いない、いない、ばぁの意味)」に、株式投資(kab)の世界をチラッとのぞく(peek)という意味合いを重ね、ロッピーを使って簡単に株が買えるというサービスの特性を表現。
デザイン上では「ee」「oo」を目の動きに見立て、「Pkab」の文字だけで「ピーカブー」と可読できるよう工夫を施した。