ブランドネーム開発実績

アドバネクス logo

アドバネクス ADVANEX

旧 加藤スプリング / 社名変更

「advance(前進する、成長する)」+「 next(次に)」によって、次の時代に向かって前進、成長し続ける企業姿勢を表現したネーミング。

プリマジェスト logo

プリマジェスト Primagest

旧 バンクテック・ジャパン / 社名変更

「prime(第一の、最良の)」+「image(イメージ)」+「-est(最上級形を作る語尾)」、「prima(ラテン語:第一位)」+「gest(偉業)」による造語で、「イメージ情報ソリューションの第一人者として、最上級の顧客サービスを提供する企業」となることを表現した。

NECインフロンティア logo

NECインフロンティア INFRONTIA

旧 日通工、NEC / 事業統合による新会社名

「information + front office + I.AZ.」、「in front of I.A.」、「information & internet frontier by I.A.」の意味をこめた造語。
情報(information)の最前線(in front of)で、インターネット(internet)に対応した情報端末機器(IA)開発を進める開拓者(frontier)精神溢れる企業であることを表現。

ネクスティア生命保険 logo

ネクスティア生命保険 NEXTIA

旧 SBIアクサ生命保険 / 社名変更

「net(つながり)によってnexus(絆)をextend(広げる)していくinsuarance by AXA」の頭文字を繋げ、企業メッセージを表現。さらに、next「次」と-ia「場所を表す接尾語」を組み合わせて「次のステージ」とし、next generation(次世代)というコンセプトに重ねた。

ジョインベスト証券 logo

ジョインベスト証券 JOINVEST

野村ホールディングス / ネット証券会社名

「invest(投資する)」に「join(参加する)」をつなげ、音感的には「joy(楽しむ)」のイメージも持たせることで、「投資に参加し、投資を楽しもう」という企業コンセプトを表現した。
またデザインにおいては、アイキャッチとして中心の「V」の文字をチェック記号のように際立たせ、ネット証券らしさを表現した。

バルウェイ logo

バルウェイ VALWAY

NECソフト / マーケティングブランド名

「value(価値、重要性)+ way(道、方法、手段)」、「value(価値、重要性)+always(常に、いつまでも)」の造語によって「価値を追究・創造していく道を、常に切り開いていく」という企業の姿勢を表現。

アイクレオ logo

アイクレオ ICREO

旧 日本ワイス / 社名変更

「自ら(I)愛(アイ)を育てていく(create)」姿勢を表現。

ビルネット logo

ビルネット BUILNET

旧 大都 / 社名変更

ビルの管理から経営までの総合施設運営事業を、「building + network」の造語で表現。

フレッセイ logo

フレッセイ FRESSAY

旧 松清 / 社名変更

松清の「清(セイ)」を音的に継承させ、「fresh + say(セイ:清、勢、生鮮、誠実)」として造語。

相生ユニビオ logo

相生ユニビオ AIOI UNIBIO

相生味淋、愛知酒精工業、相生酒造 / 合併による新社名

「総合的(universal)な発酵技術(biotechnology)の会社」であることを表現し、「union(共に)+ bios(生きる)」の造語ともなっている。
ロゴデザインにおいては、重厚さをイメージさせる紫色を使用し、漢字の「相生」とアルファベットの「UNIBIO」の併記によって、これまで「伝統」と「革新」を表現し、未来に向かって発展していく相生ユニビオの発酵技術(バイオテクノロジー)をグラデーションで視覚的に表した。