ブランドネーム開発実績

アドーガ logo

アドーガ ADOGA

NTT東日本 / 動画広告配信サービス名

addition(追加)等の略語である「ad」と「doga(動画)」を重ね合わせた造語により、本編動画コンテンツの再生待ち時間にPR映像等のミニコンテンツを付加・結合して配信することを表現した。

モビッツモ logo

モビッツモ MOVIT'S MO

NTTデータ三洋システム / 動画配信サービス名

動画を表す「movie」と日本語の「いつも(itsumo)」の造語により、スムーズかつ手軽な動画配信サービスの多様性・可能性の広がりを表現した。

ピーカブー logo

ピーカブー Peekaboo

日興コーディアル証券、ローソン / 個人向け証券総合サービス名

本来の「peek a boo(いない、いない、ばぁの意味)」に、株式投資(kab)の世界をチラッとのぞく(peek)という意味合いを重ね、ロッピーを使って簡単に株が買えるというサービスの特性を表現。
デザイン上では「ee」「oo」を目の動きに見立て、「Pkab」の文字だけで「ピーカブー」と可読できるよう工夫を施した。

カンドーネ logo

カンドーネ CANDOONE

セガ・ミュージック・ネットワークス / マルチ・エンタテイメント・カラオケ機名

「can(できる)」「do(する)」「one(一体の)」の3つの単語をつなげ、感動(cando)を体験のできる新時代の業務用カラオケ機であることを表現した。
また、「canzone(〔伊〕歌)+ and(そして)+ do(~する)」の造語でもあり、これまでのカラオケ機を越えた製品であることも表現している。

クラスティーナ logo

クラスティーナ Crastina

積水化学工業 / 木質系注文住宅名

ラテン語で「明日の、将来の」の意味の「cras」の形容詞形「crastina」によって、高級注文住宅のイメージを訴求しつつ、「暮らすといいな」との掛け言葉とした。

ライフエル logo

ライフエル LIFUEL

東京ガス / 家庭用燃料電池コージェネレーションシステム名

燃料電池(FUEL CELL)の「FUEL」を「増える」に掛け、「LIFE + FUEL = LIFUEL」と造語することにより、「暮らしの中にエコやゆとりが増える」というベネフィットを表現した。さらに、キャッチフレーズを「ECOがフエル、ゆとりがフエル」とし、フエルをカタカナ書きにすることで、ダブルミーニングであることを強調した。

ピュアナビ logo

ピュアナビ purenavi

カネボウホームプロダクツ / 洗顔料名

「pure(純粋な)+ navi(導く)」の造語により、肌本来の美しさを導く洗顔料であることを表現。意味的にも音感的にも「ピュアな美」を追求する、という商品コンセプトを表現した。

リシェール logo

リシェール richair

資生堂 / ヘアートリートメント名

栄養分が髪にしみこむ効果を「rich(豊かな)+ hair(髪)」として造語し、それをフランス語風に読ませたネーミング。

システィナC logo

システィナC cystina C

第一製薬 / ビタミンC主薬製剤

成分である「L-システイン(cysteine)」に“群”の意を表す接尾語「-ina」をつけて、製品の特徴を表現。

メディエード logo

メディエード mediade

第一製薬 / 風邪薬名

「medicine(薬)+ -ade(接尾語:甘い飲み物)」の造語で、「お湯にといて飲む新しいタイプの甘く飲みやすい薬」であることを表現。